Entries

スポンサーサイト

彦根の自転車専用道路

先週から資格取得のため彦根市のスクールに通学しています。ボクは大学4年生から本格的に通い始めましたが、時間のある学生のうちに資格を取得しておくことは本当に有意義です。ボクが学生時代に取得した資格は基本的なものばかりですが、働きはじめると勉強に手がまわらないので、精神的に辛いと思いますので。ちなみにボクが学生時代に取得した資格は・日商簿記2級・ファイナンシャルプランナー2級(個人資産相談業務)・一般会...

緑かおる 芹川けやき道

FPの試験も終わったので1週間ぶりのバイク日夏側からの荒神山×2ケイデンス重視して走ろうとか意識していたけれど最後の駐車場からの登りから脚回らず終了自分の実力じゃ実質38Tの36T楕円リングはちょっと厳しいかな~まぁ踏めるようになるまで頑張ります!!走り終わって休憩していると、ママチャリに乗った爺さん登場(若干顔が赤い!?)なんか頂上まで変速無しの自転車で登っていくつもりらしい変速なしだと厳しいですよ、とか言...

さざ波立つ 千々の松原

ハンドルをOVAL R910からTNI ネオクラシックに交換現在日本で流通している丸ハンでは最小ドロップだと思います。ブラケットの位置を決めるために、かんぽの宿近くの道路で試走ついでに彦根八景巡り。すぐ近くの松原を散策して帰宅松原といえば鳥人間コンテストの舞台彦根で芸能人を見れる数少ないチャンスで、大学入学直後の大会ではバイトもしました。ただ残念なことに来年は開催が見送られるようです(再来年は通常通り開催)<...

うみ風渡る荒神山

彦根八景巡り、最初は練習で何度も行っている荒神山に行ってきました。荒神山とは荒神山(こうじんやま)は、滋賀県彦根市中部の琵琶湖側にある標高261.5mの山。古くは平流山(へいるやま)と呼ばれていたが、奈良時代、行基(ぎょうき)が山頂に奥山寺を開山した際に、三宝(さんぽう)大荒神の像を祀ったことから荒神山と呼ばれるようになったWikipedia参照思えば荒神山はセンター日本史の必須単語でしたね。古墳時代前期、前方...

カテゴリ追加

カテゴリに「彦根八景」を追加しました。自分自身彦根に住んで3年以上がたち、同時に彦根を去るべき日も刻々と近づいている。彦根市に関して思い出を作ろうと思い、彦根八景巡りを始めようと思います。…「彦根」八景の名の通りすべて彦根市にあるためエリアも限定されるので気軽にいけますね。彦根市のホームページによると彦根八景とは>彦根市は市民に募集し「彦根八景」を選定しました。市民が愛し、親しんでいる景観、21世...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。